分離型2世帯住宅 3階建ての家一般住宅

限られた敷地にも関わらず隣地との離れ距離を一定以上確保しなければならない等、リビング以外のお部屋も明るく開放的になるようプランニングを工夫しました。1階が親世帯、2・3階が子世帯の分離型二世帯住宅となります。3階には子ども室を配置。大きな窓を設置したので、とても明るく眺めの良い空間となりました。白を基調とした外観は、駐車スペースを確保しつつ、四角い箱を組み合わせたようなおしゃれなカタチ。窓はデザインに加え、通風や採光も考慮し、配置も工夫しました。明るく快適な二世帯住宅が完成しました。

トップへ戻る